料理

先人の知恵と技術がふんだんに生かされ続けている出刃包丁

SITEMAP

Choices Contents

魚

初めての方にオススメの出刃包丁

出刃包丁を購入したいけれど、初めて買うとなると「どんなモノが良いのか分からない」となりますよね。初めて出刃包丁を購入される方はこんなモ…

MORE
トマト

出刃包丁を購入する時は素材をチェック

魚をさばくための出刃包丁というものがあります。特に魚を捌く寿司職人は、出刃包丁の選び方によってよりいい出来があるといっても過言ではない…

MORE
包丁

出刃包丁は用途に合わせて購入しましょう

包丁には沢山の種類がありますが、「出刃包丁」は魚をさばくための包丁です。出刃包丁は魚の下拵えをするために作られている包丁なので、魚の骨…

MORE
オレンジと包丁

魚に対する出刃包丁と万能包丁

魚をさばくとき、出刃包丁と万能包丁ではどちらの方が切りやすいのでしょうか。刃の印象からはいかにも切れそうな出刃包丁のような気もしますし…

MORE

出刃包丁を購入する時は素材をチェック

トマト

魚をさばくための出刃包丁というものがあります。特に魚を捌く寿司職人は、出刃包丁の選び方によってよりいい出来があるといっても過言ではないと言えると思います。では、どのようにいい出刃包丁を選んだらいいのかになってくると思います。サイズも90㎜~240㎜と大きさもあります。大きさによって魚を捌く種類も限られてくると言っていますので、捌きたい大きさに合わせて選ぶのもいいと思います。
また自分の手に馴染むように選ぶということもあります。そして包丁の材質によっては錆びるのもあれば錆びないのもあります。錆びるという材質は「ハガネ」で、錆びにくい材質は「ステン」と言われます。「ハガネ」は切れ味がより抜群で、「ステン」は切れ味があまりなのですが手入れが簡単にできるといったものです。
他に包丁の柄も付け替える事もできるのですが、最初はそのまま選んだものを使いこなせてから、ステップアップしたときに付け替えるというのもいいと思います。こうしていい出刃包丁を選んだことによって、いい寿司職人や魚を捌くだけの仕事がよりこなせるのは確かだと言えます。1本だけでなく、魚の大きさや種類によって大きさの違う出刃包丁をそろえる方がいいと思います。